文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

ノート・学習帳

 和紙を綴じた雑記帳は古くから使われていたが、洋紙を使った大学ノートがわが国で製造・販売された最初は、今から百年以上前の明治17年のこと。当時、東京帝国大学(現東京大学)前にあった松屋が、洋行帰りの大学教授のすすめによって製造を始めたという。

 明治末期から大正時代にかけて洋紙の製造法が改良され、大学ノートの品質も向上して需要が増大していった。そして永らく毛表紙の大学ノートがノートの代表として親しまれてきたが、最近では影が薄くなりつつある。ファンシーノートやバインダーノートに人気が移っている上、普通のノートでも色刷り表紙、スパイラルリング綴じのものが増えた。

 動物写真の表紙などで人気のある学習帳は、昭和55年度に一大転換期を迎えている。この年に小学校低学年を中心に教科書サイズがA5判からB5判へと大型化した(一部では既に53年度から実施された)。これに伴って学習帳もB5判のものの需要が増えた。昭和52年には40%だったB5判学習帳が同55年度には59%、平成4年度にはなんと94%に。学習指導要領改訂の影響は大きい。

セーラー万年筆 音声ペン

新聞購読申し込み