文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

オフコン

 昭和43年に、電子式会計機というべき製品だが、三菱電機が「メルコム81」を発表した。今日のオフィスコンピューター(オフコン)の原型だろう。それまでのコンピューターは、専用の部屋、専用オペレーターなどが必要で、オフコンの登場により、一般のオフィスで誰もが簡単にコンピューターが使えるようになったといえる。第1次普及機だが、同52年まで1万台弱の出荷が続いた。

 そして、通産省がオフコンの定義ともいえる①小さく、静かで、操作が簡単②1人分の経費で賄える-など6項目の条件を発表。これに合致した第1号機として、内田洋行の「USAC-820」が、昭和50年10月に発売され、各メーカーも続いた。

 オフコンは当初、作票計算機、計算タイプライタ、在庫管理機などの会計機(記憶機能を持つ計算機とタイプの複合機)の高級クラスと競合したが、昭和53年から急速に拡大し、主に中小企業のホストコンピューターとして、情報化を支えてきた。しかし、平成に入りコンピューター市場全体にわたる構造変革、不況などの要因により、大幅に減少しだし岐路に立たされている。

プラチナ萬年筆プレジール

新聞購読申し込み