文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > キングジム、「日々をたのしむ」をテーマとした新しい文房具ブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』を発表

キングジム、「日々をたのしむ」をテーマとした新しい文房具ブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』を発表
2017年04月18日

キングジムは、4月18日から、暮らしの中のたのしい“ひととき”を提供できるような文房具ブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』を立ち上げた。

 また、『HITOTOKI(ヒトトキ)』ブランドの第1弾として、5月19日から、テーププリンター“こはる”MP20を発売。

同社ではこれまで、「ファイル」や「テプラ」といったオフィスの情報整理用品や、ビジネスシーンで役立つデジタルガジェットなどを開発してきました。

一方、近年では新しいジャンルとして女性向けの文房具の開発にも力を入れており、すでに複数の製品を市場に投入して好評を得ています。

そこで今回、更なる市場開拓とユーザーコミュニケーションの深化を図ることを目的として、新たなブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』を立ち上げた。

 『HITOTOKI』は、同社として提案する暮らしの中の“ひとてま”を楽しみたいと思う方へ向けた、文房具ブランドです。

 近年の市場の動向として、「家事や食事などの日常の物事を丁寧に行う」、「モノはケアやメンテナンスをしながらできる限り長く使う」、「普段使うモノの選び方や空間のしつらえなど日常のディテールにこだわる」など、自分たちの日常生活のなかでの“モノ”や“コト”へこだわりを持つ傾向が強くなっています。

 『HITOTOKI(ヒトトキ)』は、『文房具』という日常的に使用するモノを通し、今の時代に寄り添った“たのしみ”や“ひとてま加えた暮らし”を提供します。

ブランドは、既存のキングジム製品の中で、『HITOTOKI』のコンセプトにマッチする6製品(KITTA(キッタ)、暮らしのキロク、マスリエ、オトナのシールコレクション、 ガーリー「テプラ」、スケジュールシールプリンター“ひより”) と、 “こはる”MP20を加えた計7製品でスタートします。

 

プラチナ萬年筆プレジール

新聞購読申し込み