文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 7月12、13日、専門見本市「第24回2017夏の文紙フェア」 ロングセラー文房具の紹介や初講演会など多彩な企画を実施 

7月12、13日、専門見本市「第24回2017夏の文紙フェア」 ロングセラー文房具の紹介や初講演会など多彩な企画を実施 
2017年05月29日

ステーショナリー情報委員会は7月12、13日の2日間、浅草橋・共和フォーラムで開催する「第24回2017夏の文紙フェア」を開催。

新企画として13日午後1時〜2時まで同会場5階で、文具ソムリエールの菅未里さんを講師に招き、講演会を実施。講演内容は、販売員としての経験から、新人販売員の育成。小売店とメーカーの効果的な連動をするには。メディアで文具を紹介している立場から、メディアの有効活用などを語る。申込はインターネットから、先着90名。

出展メーカーは、新規のNEXTswich(あたぼう+ぷんぷく堂)を含む48社。

フェアテーマは「新しさの創造」。年間テーマ『ひろげよう∞文具の未来∞』。 

今夏から秋、年末年始にかけての新商品、オフィスから家庭・スクールまでの文具、他店との差別化できるオリジナル(OEM)商品化など商売に結びつく具体的な提案を行う。

会場では、前回好評を得た、出展メーカーの知られざるロングセラー商品を展示する「実は売れています!」。出展各社の一押し商品から、お客様と出展社とで選ぶ「文紙フェア大賞」投票や新商品展示など多彩な企画を実施する。

会場で配布されたカタログ等を宅配で届ける無料サービス。多くのブースに立ち寄れるように拝領した「スタンプラリー抽選会」では、特別賞が用意される。

また、オートのホームページ内にある文紙フェアホームページからインターネット事前申込み受付を済ませば、プレセントが2倍に。

高橋和久代表幹事は、「総出展社数48社という大規模な開催となり、来会されるお客様にとっても有意義なフェアになると思っています。また、同時期開催のサクラクレパス展示会との相乗効果を図っていく。今までにない企画、好評の企画などを取り入れることで、来会者が関心を持ち続けられる、新鮮な運営をしていきたい」と述べた。

同フェアは、毎回インターネットによる開催告知に力いれ来会者の増員に結び付けている。今回はさらにメール配信件を昨年の1.7倍にあたる2800件に増やし、ユーザー、販売店の来場を強化していく。

【開催日時】
7月12日(水)午前9時から午後6時。7月13日(木)午前9時から午後5時。
【場所】東京都台東区柳橋1―2―10共和フォーラム
 

【文紙フェア出展社】
〈2階〉オート 新朝日コーポレーション ハッピートーク プラチナ万年筆  エンスカイ 
寿堂紙製品工業 ニュークイン ヒノデワシ マグエックス アックスコーポレーション 
オリエント・エンタプライズ 寺西化学工業  ヒサゴ 墨運堂
ヒノデワシ   

〈3階〉エンゲルス サンケーキコム ニッポー 不易糊工業 エスディアイジャパン ササガワ
東京画鋲製作所 BICジャパン エイトステーション 北星鉛筆 デビカ ハピラ アピカ 
オープン工業 セメダイン 日本理化学工業 マルミヤ

〈4階〉シード ステッドラー日本 トーヨー べロス コレクト 春光園(日本製墨書遊) 
テージー ビュートンジャパン 共栄プラスチック サンビー セーラー万年筆 アスカ
さん・おいけ スリーエムジャパン NEXTswich+あたぼう+ぷんぷく堂   

<文紙フェアホームページ>
http://www.ohto.co.jp/html/fair/2017-2/html/index.html


 

ステーショナリー情報委員会
ステーショナリー情報委員会

セーラー万年筆 音声ペン

新聞購読申し込み