文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 土曜日開催で一般小売りも!8月30日〜9月8日までの2週間に亘り『ギフト・ショーWEEK秋2017』を開催

土曜日開催で一般小売りも!8月30日〜9月8日までの2週間に亘り『ギフト・ショーWEEK秋2017』を開催
2017年08月10日

ビジネスガイド社は、8月8日、東京・浅草ビューホテルで、「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」及び「ギフト・ショーWEEK」期間中、同時開催展の概要発表を行った。

スローガンは「日本最大から世界最大へ!」。

8月30日から9月8日までの2週間に亘る開催期間を『ギフト・ショーWEEK秋2017』と称し計5つの見本市を東京ビッグサイトで開催。

8月30日から9月2日まで東7・8ホール「LIFE×DESIGN」。9月6日から8日まで全館を使用し「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」「第56回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2017」「第22回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2017」「第2回プレミアムビューティー・ヘルスショー2017」を催す。

芳賀信享社長は「今回の東京ギフト・ショーは、総展示面積10.1万㎡、5つの見本市それぞれがテーマ性を持ち、強力に来場動員を行い、延べ35万人の来場を予定しています」と説明。

続けて「LIFE×DESIGN展、最終日にあたる9月2日はギフト・ショー初の土曜日開催で、一般小売りも行います」と述べた。

「LIFE×DESIGN」は出展社数300社、商品数は約1万点。海外からも韓国、英国、台湾、インドネシアなど4つの国と地域から26社が直接出展する。テーマは「暮らしデザイン新時代〜生きる人それぞれの人生がデザインである〜」。会場は「アクティブデザイン&クラフトフェア」、「素材展」など8つのカテゴリーで構成される。

「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」には、国内外から2529社が出展。

テーマは、『「愛情」「友情」「恋愛」人と人との心をつなぐこころのGIFTとは』。

特別テーマ展示イベント「こころのGIFT展」は、デジタル社会時代だからこそ、忘れてはいけない「人と人とのつながり」。そんな「こころをつなぐ」GIFTを一堂に集め提案する。

初出展の「東京2020オリンピック・パラリンピック公式ライセンス」。「スポットオンアメリカ」では、アメリカのライフタイル雑貨などが集結。ほかにも中小企業基盤整備機構による「NIPPON QUALITY」では、日本が誇る品質や伝統的技術に、現代のデザインやコンセプト、機能を取り入れた商品を世界に発信。「ねこ雑貨集めます2」やパンダキャラクターを集めた「ぱんフェス」など多彩な企画を行う。

販売促進、マーケティングの国際的な専門見本市「第56回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2017」では、IoT、AIやサービスロボットを活用した新しい形の販売促進戦略提案を紹介する。

また「ギフト・ショーWEEK」では、初の試みとして、人工知能(AI)接客システムを導入。入場方法や各種セミナー、交通案内や会場に関する情報などをスタッフに代わり、365日24時間、いつでも対応する。好評の出展社ブースが検索できるギフトショーオリジナルアプリ(iPhone、アンドロイド対応可)は、8月下旬公開予定。
 

「5つの見本市それぞれがテーマ性を持ち、強力に来場動員を行い、延べ35万人の来場を予定」
「5つの見本市それぞれがテーマ性を持ち、強力に来場動員を行い、延べ35万人の来場を予定」
初の試みとして人工知能(AI)接客システムを導入。365日24時間、いつでも対応します!
初の試みとして人工知能(AI)接客システムを導入。365日24時間、いつでも対応します!

セーラー万年筆 音声ペン

新聞購読申し込み