文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 文具メーカーも出展!9月4日から東京ビッグサイト全館で「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018」を開催

文具メーカーも出展!9月4日から東京ビッグサイト全館で「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018」を開催
2018年08月31日

ビジネスガイド社は9月4日から7日の4日間、東京ビッグサイト全館で「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018」及び「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018 LIFE×DESIGN」、「第58回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2018」など計5つの見本市を同時開催する。

スローガンは「日本最大から世界最大へ!」。

今回、来場者、出展社の要望から同じ日程での同時開催となった。これにより来会者はトータルで商談の判断ができ、効率よくブース訪問ができるように拝領した。

芳賀信享社長は「東京ギフト・ショーは、総展示面積97.420万㎡、3500社が出展。5つの見本市それぞれがテーマ性を持ち、強力に来場動員を行い、延べ四〇万人の来場を見込んでいます」と説明した。

「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018」は出展社数2264社。うち海外出展社は、15の国と地域から514社。テーマは「健康でアクティブな暮らし方への挑戦」。会場を8カテゴリーと42フェアに分類し展開する。

前回好評の特別展示イベント「INDEX for ZAKKA STATIONERY」を東3ホールで引き続き開催。あらゆる売場、様々なビジネスに対応する雑貨・文具を全出展社から集め、一堂に展示。ブースでの商談前にバイヤーにチェックしてもらい、効率的な商談をサポートする。

ほかにも「キャラクター・ライセンス・エンターテインメント」や売場提案プロジェクト「アニマルアンテナ」。

今回、中小企業基盤整備機構の協力のもと、「海外インフォメーションデスク」を新設。来場者からの「商談後の進め方がわからない」、「商品・サービスを輸出する具体的な方法を知りたい」の声に応えた。海外販路開拓を希望する国内出展社に会期中、現場対応だけではなく、今後の海外販路開拓の相談にも海外ビジネスに精通した専門家が的確なアドバイスを行う。

販売促進、マーケティングの国際的な専門見本市「第五八回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2018」は、西3・4ホールで開催。

テーマは、「景気回復期における、販促・広告・集客・マーケティングを大公開」。集客・販売を支援する多彩なSP企画やツール、最先端の印刷技術、多くのPOP関連商材などを展示。

「第86回東京ギフト・ショーLIFE×DEISGN」は東7ホールで開催。

テーマは「暮らし デザイン 新時代 Enjoy the life you design!!」をテーマに、九つのジャンルに展開。「アクティブデザイン&クラフトフェア」「アクティブクリエイターズ」。さらに初開催となる「アートギャラリーフェア」。

「伝統とModernの日本ブランドフェア」には繊細な技術を用いた商品が、全国各地から集結。ここから世界に日本のものづくりを発信する。

 

前回の様子
前回の様子

シンエイ3

新聞購読申し込み