文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > オフィスチェアー『RIDE』、ロッキングチェアーのようにゆったり揺れ、足のむくみを軽減 ライオン事務器

オフィスチェアー『RIDE』、ロッキングチェアーのようにゆったり揺れ、足のむくみを軽減 ライオン事務器
2019年06月24日

ライオン事務器は6月21日、東京・東中野の本社で、7月発売の新オフィスチェアー「RIDE(ライド)」の発売会を開催した。

開会の挨拶に立った盒興啾拏卍垢蓮屬海離薀ぅ匹蓮我々の粋を集めた製品です。先日、出展した『働き方改革EXPO』でも来場者からは高い評価を頂いた」。

続けて「ライオン事務器は226年の歴史があり、これからも製造メーカーという立ち位置をより強固にするため、『働き方改革』をキーワードに、時流に合わせた製品を発売していきます。そして、より良い製品をお客様に届けていきたい」と述べた。

次いで商品開発部商品開発課オフィス家具・山田幹樹係長から製品説明が行われた。

「ライド」のキーワードは2つ『リラクゼーション』と『姿勢の変化』。

ライドが求めたのは、ロッキングチェアのような座り心地。ゆったりと優雅に前後に揺れる心地よいフィーリング。優しいホールド感とワークシーンに適したデザイン。一体感のある優美なホルムで快適なシーティングを実現した。

からだの重心位置の変化に応じて、前後に5度ずつ傾きながら、ゆったり揺れる「スイングスライド機構」を搭載。特別な操作をすることなく、からだの重心位置の変化に応じて、思いのままにシートが揺れる。

シート部の前後の揺れにより、集中作業時の「前傾姿勢」から、リラックスしたり、アイデアを整理したいときの「後傾姿勢」まで、自然な流れで姿勢の移行を可能に。

水平位置(一般チェアーの標準位置)では、スイングロックレバーの操作により、前後の揺れをロックすることもできる。従来チェアーのロッキング時に比べ、ライドで揺れるときには、「第二の心臓」とも呼ばれる「ふくらはぎ(腓腹筋)」が働き、足のむくみ軽減につながる体液量調節の効果が期待できる。

キーボードの操作など、猫背になりがちな場合でも、からだの動きに応じてシートが前傾し、お腹の圧迫を防ぐと共に、骨盤を立たせることで、「背骨のS字カーブ」を保った正しい姿勢をつくりやすくなります。

ラインアップは、背フレーム・脚部カラーの組み合わせは3通りから、張材は6色から選べる。フレキシブルアーム7万7300円+税、サークルアーム6万9000円+税、アームレス5万8000円+税。

次いで建装デザイン部スペースデザイン室・林達也室長からライブオフィスの説明がされた。
メインコンセプトは「働き方のイノベーション」。フリーアドレス制度の採用・ABW(時間と場所を自由に選択できる働き方)の導入・執務環境の整備の3つのテーマを掲げ、ワーカーのストレス軽減を目指した。

閉会の挨拶に立った鎌田龍雄取締役常務執行役員営業本部長は「ライドは、実務に関わるユーザーが快適に座れるオフィスチェアーです。自信をもって製品を拡販していきます」と強調した。





 

盒興啾拏卍垢蓮屬海離フィスチェアー『ライド』は、我々の粋を集めた製品です」と説明。
盒興啾拏卍垢蓮屬海離フィスチェアー『ライド』は、我々の粋を集めた製品です」と説明。
オフィスチェアー「ライド」のキーワードは2つ『リラクゼーション』『姿勢の変化』。
オフィスチェアー「ライド」のキーワードは2つ『リラクゼーション』『姿勢の変化』。
ライドで揺れるときには、「第二の心臓」とも呼ばれる「ふくらはぎ(腓腹筋)」が働き、足のむくみ軽減につながる
ライドで揺れるときには、「第二の心臓」とも呼ばれる「ふくらはぎ(腓腹筋)」が働き、足のむくみ軽減につながる
正面の赤いオフィスチェアーは「ライド」。ワーカーのストレス軽減を目指したライブオフィス。
正面の赤いオフィスチェアーは「ライド」。ワーカーのストレス軽減を目指したライブオフィス。
鎌田龍雄取締役常務執行役員は「ライドは、実務に関わるユーザーが快適に座れるオフィスチェアー」と強調。
鎌田龍雄取締役常務執行役員は「ライドは、実務に関わるユーザーが快適に座れるオフィスチェアー」と強調。