文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > コクヨ・カキモリ広瀬代表によるセミナー開催「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」

コクヨ・カキモリ広瀬代表によるセミナー開催「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」
2019年07月24日

ビジネスガイド社は、9月3日から6日までの4日間、東京ビッグサイト西展示棟と新設の南展示棟・青海展示棟で「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」及び「第6回LIFE×DESIGN(青海展示棟)」「第26回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2019(西2ホール)」を同時開催する。

7月23日、東京・浅草ビューホテルで報道関係向けの開催概要会見は行われた。

冒頭、芳賀信享社長は「総出展社数は海外から774社を含む3000社、総展示面積7万3520㎡を使用、延べ30万人の来場を見込んでいる」と説明。

テーマは「心地よい暮らしの提案」。

来場者が目指す出展社に出会いやすくするため、会場を8カテゴリー・49フェアに分けて構成。それぞれが、専門展示会としてビジネスマッチングや商談会を行う。

注目の文具メーカー出展イベントは南展示棟で催す「INDEX for ZAKKA STATINERY」「アニマルアンテナ」「STYLISH文具」「ステーショナリー&ペーパーグッズ」「第53回アニメ・コミック&キャラクターライセン)」。

同会場には、デザインや機能性に優れた文具、個人のこだわりや最新ガジェットが揃うスマホ関連商品、子供の成長を促す知育玩具からホビー、記念日ギフト、ペットグッズ、遊具やスポーツギア、アウトドアグッズなどの新商品や売り場の演出まで、年末・来春のトレンドを紹介する。

「アニマルアンテナ(南3ホール) 」は、今回「陸」「海」「空」とエリアを分け、様々な動物モチーフグッズを紹介。市場を活性化させるグッズ、素材、アイデアを満載にしている。

「INDEX for ZAKKA STATINERY(南3ホール)」では、あらゆる売場・様々なビジネスに対応する商品を全出展社から集めて一堂に展示。ここで商品をチェックしてから、各メーカーブースで効率的な 商談をできるようサポート。

また、文具・書店関係バイヤー必見のセミナーを9月3日、4日の2日間、会議棟6階で開催。

9月4日、午前10時30分〜12時まで「今、注目を集める新しい感性のお店 文房具の枠をこえた取り組みとは」をテーマに、講師・佐々木拓氏(コクヨ㈱クリエイティブセンター所属)と広瀬琢磨氏(カキモリ代表/㈱ほたか代表取締役)、コーディネーターに塚本太朗氏(有限会社リドルデザイン代表取締役)を招き行われる。定員100名。

今回、東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、新設の南展示棟と青海展示棟が使用するため、会場を無料送迎バスで結ぶ。

青海展示棟から東京ビッグサイト・南展示棟横(西展示棟裏)までの無料会場巡回バスも5分間隔、所要時間も5分間で運行。また、東京ビッグサイト会議棟・中央バスターミナル⇔青海展示棟(東京テレポート駅ロータリー6番バス停)も8分間隔で運行される。



青海・西・南展示棟の案内をわかりやすくアニメーションで案内
https://www.giftshow.co.jp/tigs/movies88.htm

 

芳賀信享社長は「総出展社数は海外から774社を含む3000社、総展示面積7万3520㎡を使用、延べ30万人の来場を見込んでいる」と説明。
芳賀信享社長は「総出展社数は海外から774社を含む3000社、総展示面積7万3520㎡を使用、延べ30万人の来場を見込んでいる」と説明。
青海・西・南展示棟の案内をわかりやすくアニメーションで案内
青海・西・南展示棟の案内をわかりやすくアニメーションで案内

セーラー万年筆 音声ペン

新聞購読申し込み