文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 新製品情報・特集 > ライオン事務器、収容量に合わせて選べる書類収納ボックス「ホルダーボックス」と「フリーボックス」を発売

ライオン事務器、収容量に合わせて選べる書類収納ボックス「ホルダーボックス」と「フリーボックス」を発売
2017年12月26日

㈱ライオン事務器は、「ホルダーボックス」と「フリーボックス」を2018年1月22日から発売する。

しっかりと中身を保護・保管しやすい樹脂成型品のシリーズ。折り曲げたくない書類の整理に便利な薄型タイプと、ファイルや雑誌、商品サンプル等の保管に便利なワイドタイプをラインアップした。

「ホルダーボックス」は、クリアーホルダーがぴったり入るサイズ。一般的なA4判のクリアーホルダーをそのまま入れられるので、細かい分類がしやすい。

また、取り出し口は書類やクリアーホルダーが取り出しやすいようにカーブを描いた形状になっている。

樹脂成型品で丈夫な作りなので、書類をそのまま入れても折り曲がる心配がなくなる。背幅18mmの薄型タイプはデスクの引出しにも入るサイズなので、案件や顧客、期間ごとなどの整理に、また折り曲げたくない書類の保護用としてそのままバッグに入れても使用できる。カラーは、ブラック、ホワイト、 透明ブルー、透明。価格は550円税。

「フリーボックス」は、たくさん入って片づけが進む、シンプルな収納用品。背幅が3種類あり、収納するものや用途に合わせてサイズを選べる。

大容量なので、日々増えていく雑誌や、サイズが不揃いな商品サンプルなどの整理に最適です。オフィスだけでなく、ご家庭でも日用品やおもちゃの整理などにぴったり。価格は背幅127ミリ670円+税、155ミリ720円+税、265ミリ800円+税。

 

ヤマトのり2

新聞購読申し込み