文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > コクヨ、在宅勤務に関する悩みごと意識調査を実施 健康面の不安が全体の3割という結果に

コクヨ、在宅勤務に関する悩みごと意識調査を実施 健康面の不安が全体の3割という結果に
2021年07月13日

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、コクヨの公式直販ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop(https://workstyle.kokuyo.co.jp/)」の会員を対象に在宅勤務に関するアンケート調査を実施いたしました。

【調査の背景】

コクヨは、オフィス向けに機能的な家具作りに取り組んできた知見を活かし、在宅ワーカーに向けた健康的で高機能家具の開発を推進しています。
在宅ワーカーの業務改善を図るため、テレワークを実践する方々の意識、悩みなどを把握し、今後の在宅勤務の課題解決に活かすため、コクヨの公式直販ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop」では、下記概要のアンケートを実施いたしました。

【調査概要】
・調査名:在宅勤務に関する意識調査
・調査期間:2021年3月4日〜3月31日
・調査主体:コクヨ株式会社
・調査対象:「KOKUYO Workstyle Shop」が主催するアンケートキャンペーンにご回答いただいた方で週1日以上在宅勤務を行う20〜60代の男女440名

■在宅勤務で困ることがある人は9割強!

まず、在宅勤務で困ることがあるかとお聞きすると、「ある」と回答した人が418人に上り全体の95%を占める結果となりました。テレワークが浸透し始めてから約1年半が経過しても、依然として多くの方々が在宅での働きづらさを感じていることが明らかとなりました。


■在宅勤務における最大の悩みは“健康”について

在宅勤務でどういったことに悩んでいるのかといった調査では、「健康面の不安」に関する回答をした人が137人で全体の32.8%を占め1位となりました。多くの方が体を動かす機会が減ることに不安を抱えていることが見て取れます。ついで、2位は「集中力・メリハリ」に関する回答で19.1%、3位は「空間・設備」に関する回答で13.4%となり、仕事に向き合いづらい環境面についても多くの悩みを抱えていることがわかりました。
一方で、意外にも通信機器や通信環境で悩みを抱えている人は少なく、5.3%にとどまりました。健康面の不安をあげている年代としては、働き盛りの30~40代が最も多く61%という結果に。

■在宅による「健康の悩み」の多くは”身体の痛み”

健康の悩みを抱えている方の多くは、「姿勢や座りっぱなしからくる身体の痛み」をあげており、全体の70%以上を占める結果となりました。
その他、運動不足や目の疲れなどの回答があげられており、在宅ワークによる身体的負担の軽減については改善の余地があるという結果になりました。
自由回答から見て取れることは、姿勢が悪くなる原因として、「イス・デスク等の家具があっていないから」と感じている人が多いようです。


【自由回答の一部抜粋】

・腰や肩こりが酷くなった気がする。(20代、男性)
・会社にいる時よりも長く椅子に座り続けるため、 
腰やお尻の痛い。(30代、女性)
・移動が無くて楽だと思っていたが、動かな過ぎて
運動不足を感じる。(40代、男性)
・座っている時間が長いので腰が痛くなりやすい。
また、PCに向かっている時間が
長いので目が疲れる。(50代、女性)
・使っている机がワークデスクではないため、
長い時間仕事をすると疲れて肩や腰が
こってしまう。(60代、男性)


■在宅勤務で工夫している点は?

在宅勤務で工夫していることとして、“仕事環境の充実” と回答した人が最も多く40%を超え、仕事がしやすいよう設備周りを意識している方が多く見受けられました。次いで健康に関する悩みを抱える方が多いこともあり、”体のケア”が続きました。
ここでも約60%の方々が、在宅勤務時にいかに「身体への負担を軽くして」業務に取り組めるのかという点に重きを置いているのかがわかりました。

■在宅勤務を開始してから購入したもの

在宅勤務が始まってから購入したアイテムについて調査したところデスク・チェアーなどの執務環境を構成する家具が約35%を占め、2位はPCやマウス、モニター、オンライン会議用のカメラなどPC関連のアイテムで約30%という結果になりました。

■コクヨが提案!立つ・座る・後傾姿勢
3つの姿勢に使える電動昇降デスク「STANDSIT(スタンジット)」


今回の調査結果から、在宅勤務において多くの方々が身体的負担を課題としており、その負担を軽減するためにデスクやチェアーなど仕事環境のアップグレードを積極的に図っていることがわかりました。

そんな方々に向けて、様々な高機能家具の開発に取り組んできたコクヨから、在宅勤務向けのフットレスト付き電動昇降デスク「STANDSIT(スタンジット)」を6月29日(火)より公式直販ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop(https://workstyle.kokuyo.co.jp/)」や大手通販サイトにて発売しております。

「STANDSIT(スタンジット)」は自宅でもスタンディングワークを行うことができる電動昇降デスクです。このデスクは、厚生労働省(※)が在宅勤務のデスク環境として推奨している「体型に合った高さ、もしくは高さ調整ができること」「必要なものが配置できる広さがあること」「脚が窮屈にならない空間があること」の3つすべてに適応しているデスクとなっており、在宅業務の改善につながるアイテムとしてご活用いただける仕様となっております。
※出典:「自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備」(厚生労働省)

■発売日:2021年6月29日(火)
■参考販売価格(本体税抜価格):1台/98,980円(税抜価格89,900円)※オプションは別途
■取り扱いショップ
本商品は、「KOKUYO Workstyle Shop」及び一部の大手通販サイト限定での取り扱いとなります。
Amazon、コクヨオンラインストアPaypayモール店、コクヨオンラインストア楽天市場店、
KOKUYO Workstyle Shop等(五十音順)


コンセプト動画もコクヨチャンネルで公開中
URL:https://www.youtube.com/watch?v=sLX9dJTjEm4
URL:https://www.youtube.com/watch?v=SFSZMaoMUDM
 
※製品情報:https://workstyle.kokuyo.co.jp/shop/pages/g006-standsit.aspx
 

在宅勤務で困ることがある人は9割強!
在宅勤務で困ることがある人は9割強!
在宅勤務における最大の悩みは 健康 について
在宅勤務における最大の悩みは 健康 について
在宅による「健康の悩み」の多くは 身体の痛み
在宅による「健康の悩み」の多くは 身体の痛み
在宅勤務で工夫している点は?
在宅勤務で工夫している点は?
在宅勤務を開始してから購入したもの
在宅勤務を開始してから購入したもの
3つの姿勢に使える電動昇降デスク「STANDSIT(スタンジット)」
3つの姿勢に使える電動昇降デスク「STANDSIT(スタンジット)」
コンセプト動画もコクヨチャンネルで公開中
コンセプト動画もコクヨチャンネルで公開中

新聞購読申し込み