文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > コクヨ、がん治療研究の寄付につながるソーシャルアクション「#deleteC大作戦」参加

コクヨ、がん治療研究の寄付につながるソーシャルアクション「#deleteC大作戦」参加
2021年08月24日

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、特定非営利活動法人deleteC(代表理事:小国 士朗)が掲げる「がんを治せる病気にする日を1日でも早く手繰り寄せたい」という意思に賛同し、9月4日(土)から開始する、SNS投稿や拡散ががん治療研究の応援に繋がるソーシャルアクション「#deleteC大作戦」に参加します。


日本では、毎年100万人以上が新たにがんに罹患し、生涯2人に1人はがんに罹り、3人に1人が命を落とすと言われています。このようながんを治せる病気にするために、日本のみならず世界の研究者達が日々研究を続けています。

「#deleteC大作戦」は、プロジェクトに参加する企業などのブランドロゴや商品、またはサービス名からCancerの頭文字である「C」の文字を消してSNSに投稿したり、参加企業の公式アカウントの投稿にいいねやリツイートをしたりすることで、1アクション毎に決められた金額が、がん治療研究への寄付・啓発費用として参加企業からdeleteCに送られる(※)、誰でもが参加できるソーシャルアクションです。

2020年9月に初めて実施された際には、9,000件超の投稿・100万回以上のリアクションが行われ、計3,000万アカウントへリーチしました(うち、コクヨの「Campus」に関連する投稿は約2,500件、リアクションは約35,000回)。本年も、がん征圧月間中の9月4日(土)〜9月30日(木)の期間開催されるのに合わせ、コクヨもこれに参加します。

■「#deleteC大作戦」実施概要
【名称】#deleteC大作戦
【期間】2021年9月4日(土)17:00〜9月30日(木)23:59
【対象商品】キャンパスノートのCampus の「C」を消す

【取り組み内容】
キャンパスノートの「C」の部分を自由なカタチで消した画像や動画を「#deleteC大作戦」と「#キャンパスノート」をつけてSNS(Twitter/Instagram)で投稿をすると、1投稿にあたり100円、コクヨの公式アカウントが発信する画像や動画をリツイート/シェア/いいね/再生をすると、1リツイート/1シェア/いいね/1再生あたり10円が、がん治療研究・啓発費用への寄付として参加企業からdeleteCに送られます(※)。寄付先のがん治療研究は、2022年1月に予定している、イベント「deleteC 2022 -HOPE-」において発表します。

【コクヨのぶんぐ Twitter公式アカウント URL】https://twitter.com/kokuyo_st
【特設サイトURL】https://www.delete-c.com/post


(※)参加企業の寄付金額はそれぞれ上限が決まっています。がん治療研究への寄付及び、啓発費に充てられます。