文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 車いすバスケットボールプレイヤーとして活躍 鳥海連志選手と G-SHOCK がスポンサー契約を締結

車いすバスケットボールプレイヤーとして活躍 鳥海連志選手と G-SHOCK がスポンサー契約を締結
2024年02月29日

鳥海連志選手鳥海連志選手

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が、車椅子バスケットボールプレイヤーの鳥海連志(ちょうかい れんし)選手とスポンサー契約を締結しましたので、ご案内いたします。

 

鳥海連志選手は、中学1年生より車いすバスケットボールを始め、日本代表として数々の国際大会への出場を果たしています。また、車いすバスケットボールの普及活動や「第50回ベストドレッサー賞」のスポーツ部門を受賞するなどスポーツのみならず、幅広い分野で活躍しています。鳥海選手の強さやチャレンジ精神が、常に時計の限界に挑戦し続ける“G-SHOCK”と相通じることから今回の契約に至りました。

 

今回の契約にあたり、鳥海選手は「この度、カシオ計算機株式会社様とスポンサー契約を結び、共に歩んでいけることを大変嬉しく思います。タフでかっこいい“G-SHOCK”のように僕自身も力強くかっこいいプレーで皆様を魅了できるように頑張ります。また、様々な競技のトップアスリートで構成されている“TEAM G-SHOCK”の一員になれることを誇りに思います。同じバスケットボールカテゴリーでは、NBAで活躍を続ける八村選手もいます。 僕も世界で活躍し続けるためのメンタリティを学び、八村選手のように憧れられる存在になりたいと思っています。 応援のほどよろしくお願いいたします。」とコメントしています。

 

今後も、“G-SHOCK”は、タフに挑戦を続けるアスリートやスポーツ競技の発展をサポートしていきます。

 

■Team G-SHOCKについて

NBAプロバスケットボールプレイヤー八村塁選手、プロサーファー五十嵐カノア選手、プロBMXライダー中村輪夢選手、プロスケートボーダー開心那選手、ブレイクダンサーShigekix選手などを擁し、“G-SHOCK”のタフネススピリットに共感した世界で活躍するトップアスリートチームです。

 

■鳥海選手の“G-SHOCK”装着予定モデル

 

DW-H5600

“G-SHOCK”のスポーツライン“G-SQUAD”の新製品として、初号機の角型フォルムを継承し、心拍計測が可能な光学式センサーを搭載しているモデルです。

 

DW-H5600-1A2/DW-H5600-7/DW-H5600MB-8DW-H5600-1A2/DW-H5600-7/DW-H5600MB-8

 

 【鳥海選手プロフィール】

生まれながら両手足に障がいがあり、3歳で両下肢を切断。中学1年生より車いすバスケットボールを始め、高校1年生で日本代表に選出。以降、様々な国際大会で活躍しています。2021年の東京2020パラリンピックではチームを大会史上初の銀メダルの獲得に貢献し、同大会MVPを獲得。2023年天皇杯第48回日本車いすバスケットボール選手権大会では、チームで優勝し、同大会MVPを受賞。今年開催された天皇杯第49回大会でも、チームで優勝を果たしています。また、「第50回ベストドレッサー賞」のスポーツ部門で受賞するなど幅広く活躍し、現在は、車椅子バスケットボールチームである神奈川VANGUARDSでプレーしています。