文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 新製品情報・特集 > コクヨ、業界最小クラスのつめ替えタイプ「キャンパス ノートのための修正テープ」を発売

コクヨ、業界最小クラスのつめ替えタイプ「キャンパス ノートのための修正テープ」を発売
2022年11月21日

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、キャンパスノートの紙の色と罫線の幅に合わせた修正テープ「キャンパス ノートのための修正テープ」から、業界最小クラスのコンパクトなつめ替えタイプを12月14日(水)より発売します。

年間約1億冊を販売するキャンパスノートの中紙の色と罫線の幅に合わせた「キャンパス ノートのための修正テープ」は2021年11月の発売後、2022年11月の時点で累計出荷数92万個を突破しています。コクヨが実施した購入者アンケート(2022年3月実施/n=68)によると、88%もの方にリピート購入の意向をいただいています。一方で、エコや環境保全の観点から、使い切りではなく本体ケースを繰り返し使えるつめ替えタイプを希望する声も寄せられています。しかし、持ち運んで使うことが多い修正テープは、つめ替えタイプでもコンパクトさが重要です。

そこで、今回発売するつめ替えタイプでは、“紙に合わせたテープ色”、“罫線に合わせたテープ幅”、“メタルプレート搭載による、テープの定着性とキレの良さ”などの特長はそのままに、つめ替えタイプでありながら業界最小クラスの本体サイズを実現しました。コンパクトで、ペンケースに入れやすく、持ち運びやすいサイズとなっています。さらに、捨てるところが少ないエコ設計のリフィルは、つめ替えて使うことで、廃棄するプラスチック重量を67%削減できます(※TW-NT305/306と比較)。テープ長さは6mで、A罫線とB罫線の罫幅に合わせた2種類を用意しました。

なお、12月の発売に先がけ、2022年11月23日(水)から27日(日)の5日間、東京流通センターにて開催される「文具女子博2022」にて数量限定で先行販売を実施します。


■発売予定:2022年12月14日(水)
※2022年11月23日〜27日開催の「文具女子博2022」にて先行販売(数量限定)
■メーカー希望小売価格(消費税抜):本体 250円、つめ替えテープ 150円
■商品HP:https://kokuyo.jp/pr/cp-tape/


「キャンパス ノートのための修正テープ」つめ替えタイプの特長

つめ替えタイプで業界最小クラスの本体サイズ
既発売の使い切りタイプとほぼ同サイズで、つめ替えタイプで業界最小クラス。ペンケースに入れて持ち運ぶ際にコンパクトに収容できます。


廃棄プラスチック重量が少ないリフィル設計
捨てるところが少ないエコ設計のつめ替え用テープを採用することで、同じテープ長さの使い切りタイプ(TW-NT305/306)と比較し、67%もの廃棄プラスチック重量を削減。環境にも優しく使うことができます。

ご参考)「キャンパス ノートのための修正テープ」について

 1.キャンパスノートの紙に合わせた色と、罫線に合わせたテープ幅で、修正した箇所が目立たないため、きれいなノート作りに役立ちます。

 2.先端に金属製のプレートを採用し、テープの定着性と切れの良さを両立しています。

3.2021年11月の使い切りタイプ発売直後には、本商品を紹介するTwitter投稿に24万以上の“いいね”が集まったほか、2022年5月にはGetNavi主催『文房具総選挙2022』(ワン・パブリッシング)のトレンド部門:キッズの学習がはかどる部門で1位を獲得するなど、大きな反響をいただいています。


 

「キャンパス ノートのための修正テープ」つめ替えタイプ
「キャンパス ノートのための修正テープ」つめ替えタイプ
(左)つめ替えタイプ、(右)使い捨てタイプ
(左)つめ替えタイプ、(右)使い捨てタイプ
(左)本体、(右)つめ替え用テープ
(左)本体、(右)つめ替え用テープ
(上)従来品、(下)キャンパス ノートのための修正テープ
(上)従来品、(下)キャンパス ノートのための修正テープ
ノートからはみ出すことなくぴったり修正できるテープ幅
ノートからはみ出すことなくぴったり修正できるテープ幅
先端に金属製のプレートを採用し、テープの定着性と切れの良さを両立しています。
先端に金属製のプレートを採用し、テープの定着性と切れの良さを両立しています。