文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

ボールペン

 ボールペンは、ハンガリー人のラディスラオ・ピロンが毛細管作用を利用したインクの補充装置を考案し、1943年(昭和18年)に今のボールポイントペンをつくることに成功したのが始まり。これをアメリカのエバーシャープ社が特許権を得て改良し製品化した。またアメリカのレイノルズもピロンの特許に触れない方法でボールペンを開発した。

 ともに大々的な宣伝で売り出し、新しい筆記具として人気を博し一大ブームを呼んだ。しかし2年後にはインクの欠陥などがあって誰も見向きもしなくなった。日本には第2次大戦後、進駐軍の兵士によって入ってきた。これを手に入れた万年筆製造者らが生産を開始し、昭和22年頃から国産ボールペンが出回るようになり、一時は50〜60社が国産化、ブームとなった。しかし材質的な欠陥や粗悪なインクのため、インクが流れる、文字がかすむ、汚れる、ボールが抜け落ちるなどのクレームが続出。昭和24年には急速に下火になる。

 中田藤三郎氏(オートの創業者)が、昭和26年に優れた実用筆記具としてボールペンを完成、インクの改良もあり再び脚光を浴びた。

やまとのり2010年12月より

新聞購読申し込み