文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

マーキングペン

 マーキングペンは、第2次世界大戦後アメリカで開発され、これを内田洋行の故内田憲民社長が米国視察から持ち帰り、寺西化学工業がその依頼で製品化したのが始まり。「マジックインキ」の名で発売された製品は、速乾性油性インクを使っているため、一度書くと消えない、またプラスチックや金属、ガラスなどの不浸透面にも書けるなど、それまでの筆記具にない特長を持っていたため、急速に市場に受け入れられていった。マジックは今も油性マーキングペンの代名詞がわりに使われている。

 その油性マーキングペンは、不浸透面に書ける反面、紙に書くと裏ぬけする、にじむ、黒以外の色が鮮やかにでない、キャップを取って放置すると、すぐ書けなくなる、などの欠点がある。これを改良すべく研究・開発が進められ、水性インクを使った「サインペン」が、昭和38年、大日本文具(現在のぺんてる)から発売された。これは、紙ににじまず、裏ぬけしない、キャップをしめ忘れても乾かない、細字に最適で筆記距離が長い、などの特長があり、日本よりアメリカで好評を博し世界中に広まった。

シンエイ

新聞購読申し込み