文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

シュレッダー

 シュレッダーはSHREDDERという英語で、SHREDという動詞は「きれぎれに裂く(切る)、寸断する」という意味をもっている。文書細断機と訳すが、現在ではシュレッダーで通用している。

 わが国に初めてシュレッダーが輸入されたのは昭和28年のこと。アメリカでは、軍事上の機密を保持する目的から早くから普及したという。日本におけるシュレッダーの開発・販売の先駆は㈱明光商会。昭和35年1月に、秘密文書細断機「MSシュレッダー」を開発、その製造・販売を開始した。明光商会は現在もシェアトップの位置にあり全体の約80%を占めている。同社を除くと、昭和44年6月頃から参入が相次いだが、その後、その大多数が撤退、リコー系の日本ビジネスサプライ、ナカバヤシなど有力メーカーは絞られてきている。

 現在では、機密保持はもとより、地球規模での環境問題とも絡んでオフィスから排出される膨大な紙ゴミ処理の面からも注目され、「セキュリティ&エコロジー」という側面からの取り組みが目立ってきている。

プラチナ萬年筆プレジール

新聞購読申し込み